戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大谷(おおたに



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「守門岳」(昭和22.6)を使用したものである

在:三条市大谷
地形図:光明山
/守門岳
形態:川沿いに家屋が集まる

離村の背景:ダム建設
標高:約180m(水面は約200m)
訪問:2016年11

 

 大字大谷の西部、五十嵐(いからし)川沿いにある。現在の大谷ダムの堰堤付近。集落の中ほどに堰堤が位置しているため、北側(下流)は非水没、南側(上流)は人造湖(ひめさゆり湖)に水没する形になっている。
 付替国道沿い、水没地を見下ろす広場には「望郷の地」の碑(平成5年設置。写真5)と「大谷神社之址」の碑(昭和60年設置。写真6)が建つ。神社跡の碑によると、水没に伴い昭和54年に八木神社(※)に合祀されたとのこと。また道路を挟んだ山側は墓地となっている。
 以下は「望郷の地」の碑文。

 昭和四十四年新潟県が洪水調節及び、水道揚水用水供給の目的でこの地にダム建設を計画した。爾来、大江 大谷の住民で結成されたダム対策協議会と、約十三年間の慎重な協議の結果、深い理解と協力により、昭和五十三年三月移転補償基本協定が合意され、先祖伝来の尊い土地と大谷七百年、大江四百年の永い歴史を閉じることとなった。
 公共の利益に思いを致し、郷土への切なる愛着を断って、この地を離れなければならなかった大江、大谷住民の心情を察するとき誠に感慨無量である。
 今は湖底に沈んだ大江、大谷部落がここに在ったことを永遠に残すため、故郷を離れた四十六世帯の氏名を明記して、深い懐古の情と、新天地に於て限りない発展を祈り、この地に記念碑を建立するものである。


 なお碑には46名の名が大谷・大江の別なく列記されており、集落別の世帯や戸数は分からない。ただし大谷神社跡の碑には氏子と思われる30名、大江の神明社跡の碑には氏子17名が記されており、先の30名(坂井11・吉田9・竹石3・西川3・川又・酒井・佐野・難波各1)が大谷の家々であったことが分かる。

※ 旧森町(もりまち)村の中心地にある八木神社と思われる

 


写真1 大谷ダム


写真2 集落跡北部(非水没地)の風景(大谷大橋より撮影)

写真3 往時の橋(右)と大谷大橋(左奥)

写真4 旧道?の石仏

写真5 集落の碑

写真6 神社跡の碑

写真7 墓地にて

写真8 同

写真9 往時の生活の様子(資料館にて)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ