戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆嶺(みね



※ この地図は、内務省内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「岡野町」(昭和22.3)を使用したものである

在:上越市大島区嶺(みね)
地形図:石黒/岡野町
形態:山中に家屋が集まる

標高:約320m
訪問:2015年11

 

 大字嶺の中心集落
 
村史によると、昭和30年代より過疎化が始まり、昭和50年代には1戸のみとなったという。構成は布施・佐藤・松沢・小野島の4氏。氏神は黒姫神社。明治22年40戸(布施14・佐藤11・松沢8・小野島7)、昭和30年36戸207人、同35年34戸185人、同40年30戸147人、同50年9戸21人、同60年1戸2人。
 最近の地図でも多数の家屋が記されているが、現地に建物の類はほとんどない。僅かに耕作された水田がある。県道と脇道の分岐付近には1基の墓とともに「嶺閉村之碑」(写真4)があり、当地が既に無住となっていることを窺わせる。神社に社殿はなく、祠が祀られる(写真6)。
 HEYANEKO氏によると、当地には旭小学校嶺冬季分校があったとのこと(昭和47年閉校)。

 


写真1 廃屋


写真2 倒潰家屋

写真3 屋敷跡

写真4 碑と墓

写真5 神社・石段

写真6 神社境内の祠。裏手は社殿跡

写真7 墓

写真8 墓

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ