戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆阿寺(あてら



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「松之山温泉」(昭和21.10)を使用したものである

在:十日町市宮中(みやなか)
(中里村合併前は貝野(かいの)己)

地形図:大割野
/松之山温泉
形態:緩い谷沿いに家屋が集まる

標高:約310m
訪問:2015年11

 

 大字宮中の中部南寄り(旧大字貝野(※)の南部)、信濃(しなの)川左岸の山中にある。集落のすぐ東には標高374.4mの打野山がある。
 現地にはいくらかの屋敷跡、祠や石仏のある一角(写真3・4)、阿寺熊野三社(写真7)が見られた。祠のある場所には二十三夜塔や戦歿者の墓(桐生氏2名)もある。また神社境内に既に社殿はなく、祠のようなものが置かれているのみ。

 なお当地には貝野小学校阿寺冬季分校があったが、昭和46年閉校(HEYANEKO氏調べ)
。訪問時は学校の存在を把握していなかったが、氏のウェブサイトの「神社入口付近」との記述から写真2がその跡地の一部と思われる。

※ 現在の大字新屋敷(あらやしき)・本屋敷(もとやしき)・堀之内(ほりのうち)・宮中に当たる。それぞれ元は貝野の丙・丁・戊・己であった

 


写真1 屋敷跡


写真2 学校跡付近?

写真3 農地跡

写真4 祠

写真5 石仏群。右は二十三夜塔

写真6 集落より中里市街を望む

写真7 神社

写真8 林道阿寺線起点

写真9 集落上部の小祠

写真10 集落上部の水田跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ