戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆北(きた)

所在:清川村宮ヶ瀬(みやがせ)
地形図:青野原/上野原 
形態:山あいの小盆地に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約250m(水面は約300m)
訪問:2009年3月

 

 現在の宮ヶ瀬の住宅地(水の郷)の東で、向山トンネル寄りにある。

 今でも湖を見下ろす小さな高台には、移転前の熊野神社の社寺林・モミの大木が面影を残している。熊野神社は宮ヶ瀬村の氏神社。北原(北集落の北部)は比較的広く平らで、集落の畑があったほか、戦後宮ヶ瀬で植林されたスギ・ヒノキの苗木はほとんどここで育てられた。このほか伝染病患者のための避病舎があり、県立厚木病院ができる昭和256年まで利用されていた。川瀬姓・井上姓・落合姓など。(『ふるさと宮ケ瀬』)

 


写真1 集落付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ