戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆芝宮(しばみや)



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「東京西北部」(大正8)を使用したものである

所在:和光市下新倉(しもにいくら)
地形図:赤羽/東京西北部
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:河川の改修
標高:数m
訪問:20016年3月

 

 大字下新倉の北部、荒(あら)川右岸にあった地区。
 市史および資料『荒川の水運』によると、舟運の拠点であった河岸(かし) (芝宮河岸)が置かれていた地で、正徳年間(1711-15)には既に存在。下新倉村・上新倉村・白子宿周辺から運ばれてきた物資を江戸方面へ渡す重要な河岸場であったが、大正の荒川の河川改修に伴い消滅した。また明治19年に「渡船場開設願」が出され、河岸場に「芝宮の渡し」が設けられた。
 現在は河川敷の運動場になっている。

 


写真1 集落跡地を望む


写真2 東端より西側を見る


写真3 西端より東側を見る


写真4 渡船場跡付近


写真5 芝宮橋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ