戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆細久保(ほそくぼ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「秩父」(昭和26.3)を使用したものである

所在:秩父市浦山(うらやま)
地形図:秩父/秩父
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:(1世帯現住)
標高:約600m〜700m
訪問:2006年4月

 

 浦山(うらやま)川左岸の斜面にある。古い地図では、標高600mの辺りに建物が5軒。この北西部(標高700m付近)に4軒、西部(標高700m付近)には2軒。
 集落へは、県道から脇道へ入り、軽自動車が通れるくらいの細い道(鋪装がなされている)をつづら折りに登っていく。集落には古い家屋が多いが、倒潰しているものは少ない。最も奥にある家屋は、改修が最近行われたと思われるが無人。次の住人のために、電気使用についてのパンフレットが挟まっていた。
 ここから少し離れたところに、2軒ほどの屋敷跡(写真6 敷地に朽ちた建材が残る)と、1軒の空家がある。空家は、部分的に改修がされ、作業用の物置に利用しているようだ。なお現在も1人の住民がおり、訪問時も生活感を匂わせる家があった。
 なお資料に見られる「細久保官林」もこの付近にあると思わる。家屋群が3つ見られるので、このうちのひとつだろうか。細久保官林は林業のために他地方から入った人によってできた集落。

 


写真1 廃屋にて


写真2 廃屋にて


写真3 廃屋にて

写真4 廃屋とバイク

写真5 廃屋

写真6 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ