戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆横根山(よこねやま)

所在:日光市足尾町
地形図:足尾/足尾
形態:山中の高原に家屋が散らばる
標高:約1,200〜1,300m
訪問:2009年3月

 

 町の東部、勝雲(しょううん)山の南中腹にある。古い地図では、足尾町と粟野町に亘って20軒近くの建物と学校が見られる。なお「横根山」は隣の鹿沼市の山名でもある。
 
現地は居住地としては標高が高いが、傾斜が緩く高原のようになっている。集落を探索していると、プレハブ小屋のような廃屋(住居?)や廃車(写真2)、集合便所(写真3)などが見られた。なお集落には県道が通っているが、ここの区間は未鋪装。

 昭和23年横根山開拓団が入植、24年過剰入植で39戸が離農、21戸が残留した。酪農を中心にダイコン・キャベツを生産。林業を副業として生計を立てようと努力したが、不振のため48年開拓農協を解散、農地をヤマハ発動機ほか2社に譲渡した。(角川)

 このあと本文は「現在この3社により総合観光施設のトレールランド前日光計画が進められている。」と続くが、現状を見る限り計画は頓挫したのだろう。

 


写真1 平坦地

写真2 廃屋と廃車

写真3 便所

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ