戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆申川(さるかわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「羽後濱田」(昭和29.3)を使用したものである

在:男鹿市野石(のいし)
地形図:大潟/羽後浜田
形態:海沿いに家屋が集まる
標高:約10m
訪問:2016年5

 

 大字野石の南西部、日本海に面する海辺にある
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、昭和初期6戸(いずれも石川家)。戦前に1戸、のち昭和48年から52年にかけて各々が転出して無住となったとのこと。6戸とも東方の高台(戦後開拓地の「石川郷」)に移転し、改めて申川地区と称されている。
 現在でも一部で水田の耕作が行われ、また管理された墓や神社(日吉神社。写真4)もある。集落北東は申川油田の施設が集まっているが、畑も散見される。なお新申川地区には「申川地区貸地同盟会創立三十周年記念碑」(写真1)がある。これは昭和33年、石油資源開発株式会社が鉱業用地として申川地区の土地を借り受け、その際に結んだ同盟会を組織してから30周年を記念したもの(開発着手は昭和32年)。

 


(写真1 碑)

写真2 集落風景

写真3 水田

写真4 神社

写真5 浜

写真6 油田施設の一部

写真7 油田近くの農地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ