戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆深沢(ふかさわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「鷹巣」(昭和29.6)を使用したものである

所在:大館市早口(はやぐち)字深沢笊橋(―ざるばし)
地形図:早口/鷹巣
形態:川の合流部に家屋が集まる
離村の背景:災害

標高:約80m
訪問:2016年5月

 

 大字早口の西部、早口川右岸にある。
 町史によると、度重なる水害により県の災害危険住宅移転地区に定められ、昭和40年に14戸が集団移転し無住となったとのこと。戦後では昭和22年・26年・33年・38年にも洪水があり、4度とも全戸が床上浸水の被害が生じている。4戸は李岱(すももだい)集落の北側に、10戸は大岱(おおだい)集落の西北(現在の深岱(ふかだい))へ移転。古くは「笊橋」とも呼ばれた。
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後の最盛期は14戸(花田12・木村2の各家)
 訪問は右岸側より。地図上では集落のある谷に沿って破線の道が記されているが、既に道の形跡はない。現地では2棟の蔵が残るほか、建物の類はない。神社の記号が記されている尾根も登ってみたが、痕跡は確認できず。なお集落の南部では水田が管理されており、また車道も通じていることから、どこかから車輌による訪問も可能であるよう。またかつては対岸の李岱から橋が架かっていたが、現在は落ちており渡ることはできない。

 


写真1 集落内の川

写真2 蔵。手前にブロック造りの建物が付設

写真3 蔵

写真4 用水路と農地跡

写真5 屋敷跡

写真6 神社跡付近?

写真7 橋の跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ