戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆笹原(ささはら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大葛」(昭和29.7)を使用したものである

所在:北秋田市七日市(なぬかいち)
地形図:明利又/大葛
形態:川沿い
標高:約180m
訪問:2016年5月

 

 大字七日市の南部、小猿部(おさるべ)川と支流の仙戸石沢の合流部付近にある
 県内の無住となった集落を網羅した資料『秋田・消えた村の記録』も記載はなく、集落ではなく住居以外の建物が集まった地名と思われる。
 現地は多くが植林地だが、一部に開けた草地が広がっている(農地跡?)
。植林地内には鳥居があり、近くの斜面を少し登ると管理された社殿が見られた(写真5)。

 


写真1 農地跡?

写真2 平坦地

写真3 何かの遺構

写真4 神社・鳥居

写真5 神社・社殿

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ