戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆門ヶ沢(かどがさわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大葛」(昭和29.7)を使用したものである

所在:北秋田市七日市(なぬかいち)
地形図:明利又/大葛
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:移転事業

標高:約120m
訪問:2016年5月

 

 大字七日市の北部、奥見内沢(小猿部(おさるべ)川の支流)沿いにある
 資料『秋田・消えた村の記録』によると、戦後最盛時10戸(藤原5・笹代4・加藤1の各家)。集落再編成事業により昭和48年に全10戸が転出したとのこと。9戸が葛黒小学校跡地に造成された住宅に移転。
刊行当時(平成9年)で移転者の大半が通い耕作を行っている。
 現在も水田は耕作されるが、家屋の類はほとんどない。集落内には不動明王が祀られる(写真5)。以下は「門ヶ沢集落之跡」の碑(昭和57年、町による設置。写真2)の全文。

 ここ門ヶ沢の地には、約三百年前頃から農林業により生計をたてた人達が居住していた。しかし、町の中心部から遠く交通の便に恵まれず、そのうえ地元での農林業による収入の減少と、生活様式の変化に対応するには、この地は不便であった。
 集落の近代化と、住民の均衡ある福祉の向上を図ろうとする町の要請に基ずき、住民協議のうえ県、町の特別措置を受けて昭和四十八年十月、新しい土地を求めて十世帯がこの地を離れた。
 よって、これを後世に永く伝えるため、この碑を建立する。

 


写真1 道と水田

写真2 同

写真3 碑

写真4 廃屋

写真5 不動明王

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ