戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆真木ノ平(まきのたい)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十和田湖」(昭和49.2)を使用したものである

在:小坂町小坂
地形図:小坂鉱山/十和田湖
異表記:真木平(まきだい)
アクセント:マキノタイ
形態:緩い傾斜地に家屋が散らばる
標高:約400m

訪問:2016年5

 

 大字小坂の東部、砂子沢(すなこざわ)ダムの貯水池(夢砂(ゆめすな)湖)左岸側の斜面にある。大字上向(うわむき)との境界に近い
 資料『戦後開拓のあゆみ』によると、戦後の開拓集落で昭和28年地元の次男三男ら4戸が入植。雑穀主体の営農をしていたが、不振により昭和35年離農。
 また資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、当地はもと砂子沢・藤原(ふじわら)・鳥越(とりごえ)の3集落の共同放牧場であったとのこと。4戸の出身は鳥越と砂子沢。末期は鳥越や砂子沢に家を建て通い耕作を続けていたが、4戸とも昭和35年に移転した。平成12年頃まで、外部の業者が大根の栽培を行っていたよう。
 現在集落は一面の牧草地。何かの施設があったと思われるコンクリート鋪装の平坦地(写真5)が1箇所見られるものの、開拓農家の痕跡は残されていない。

 


写真1 集落風景

写真2 農地

写真3 農地

写真4 農地

写真5 何かの跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ