戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆秋樺(あきかば)

在:鹿角市八幡平(はちまんたい)
地形図:熊沢/田山
形態:緩い傾斜地に家屋が集まる
標高:約750m

訪問:2016年5

 

 大字八幡平の南部、熊沢(くまざわ)川右岸側の山中にある
  資料『秋田・消えた開拓村の記録』によると、初年に12戸が入植し、秋樺開拓団と称した。のち12戸が加わり、計24戸となる。後年は8戸の生活が続いたが、土地ブームにより開拓地は高額で買い取られることとなり、昭和47年全戸が離村に至った。
 なお資料『戦後開拓のあゆみ』では戦後の開拓集落で昭和23年地元の次男三男を主体に35戸が入植とあるが、これは切留平を併せた数字である。雑穀主体の営農をしていたが、高冷地のため営農に適さなかった。後年の農業の中心は蔬菜であったよう。収入が十分ではないため専ら他産業に従事とある。

 現地付近は明るい樹林で、集落の痕跡はあまり確認できない。

 


写真1 平坦地

写真2 屋敷跡?

写真3 何かの基礎

写真4 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ