戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆桂沢(かつらさわ?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新町」(昭和22.1)を使用したものである

在:花巻市豊沢(とよさわ)
地形図:鉛/新町
形態:川の合流部付近に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約310m

訪問:2017年5

 

 大字豊沢の北西部、豊沢川(北上(きたかみ)川支流)と小ブナ沢との合流部付近にある。ひとつ尾根を挟んだ南の支流が「桂沢」であるが、地名表記があるのはこちら。
 旧版地形図に記されている建物付近にはそれらしい平坦地があるが、建物の痕跡などは見られない。また最近の地形図にはゴミ沢との間の山中に建物が2箇所に亘って記されているが、これらも既にない。いずれも人家ではなく林業に伴う小屋の類であったと思われる。なお小ブナ沢を渡る県道の橋の名称は「桂沢橋」(写真4)。

 資料『湖底をしのぶ 豊沢平和郷』によると、豊沢ダムの建設に伴い当時の4戸が離村したとのこと。当初は移転地区に含まれていなかったが、豊沢の本集落を失いダム湖に隔絶されると生活が困難になるのは必至で、移転補償の運動を続けた結果移転費が予算化されることとなり、全戸移転。
 同書の
「旧豊沢部落家屋配置図」には、概ね下流より「かみ」・「はしね」・「市之亟」・「市之亟かまど」の4軒が記載されている(すべて屋号。時期は不明)。
 なおダム建設の経緯や集落の概要などは、豊沢のページを参照。

 


写真1 屋敷跡?

写真2 農地跡?

写真3 桂沢橋

写真4 建物跡

写真5 建物跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ