戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高森(たかもり)鉱山



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「青森東部」(昭和22.6)を使用したものである

所在:七戸町(大字なし)
地形図:田代平/青森東部
形態:川沿いから斜面にかけて家屋や施設が集まる
標高:約300〜400m
訪問:2016年5月

 

 村の西部、大坪川の上流部にある。
 村史には「この鉱山については何一つ資料がなく不明であるが、一説には大正年間から操業していたとの事である」とある。同書の引用する『東奥年鑑』(昭和14年度版)によると、鉱業権者は高森鉱山株式会社、産出鉱物は金・銀・銅とのこと。また当地にあった高森鉱山分校は、昭和15年に坪小学校の分教場として開校。昭和19年閉校し、上北鉱山小学校(当時上北鉱山国民学校)に統合。
 訪問は青森市方面より。県道242号から高森林道が分岐しており、高森橋の先でいくらかまとまった遺構が見られる。また松ヶ沢の分岐付近の左岸側には等高線が緩くなった場所があり、ここにも建造物が多数集まっていたよう(写真16-23)。県道・林道の分岐より下流にも施設等があったようだが、左岸側は橋が流出しており未訪問。右岸側は痕跡なく、学校跡も特定できず。神社跡・坑口方面は未訪問。

 


写真1 何かの跡(以下概ね下流側より)


写真2 対岸の平坦地


写真3 橋脚


写真4 何かの跡


写真5 県道と林道の分岐


写真6 神社方面への橋


写真7 高森橋


写真8 林道沿いの風景


写真9 遺構


写真10 遺構


写真11 遺構


写真12 建物跡


写真13 建物跡


写真14 遺構


写真15 遺構


写真16 建物群跡


写真17 同


写真18 同


写真19 平坦地


写真20 平坦地


写真21 遺構


写真22 柵の支柱?


写真23 平坦地


写真24 建物跡?


写真25 乙供母紙橋


写真26 遺構


写真27 遺構


写真28 金ヶ沢橋と「金ヶ沢」の標柱(左)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ