戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中川(なかがわ)開拓



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「陸奥川内」(昭和41.7)を使用したものである

所在:むつ市川内町(かわうちまち)
地形図:陸奥畑/陸奥川内
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約100m
訪問:2016年5月

 

 旧川内町の西部、川内川および支流の中川沿いにある。
 現地で会った方の話によると、人家があったのは支流沿いで本流沿いには主に水田が広がっていたという。分かるものでは6、7軒で、無住となったのは40年ほど前か。開運橋(写真6)付近の基礎は営林署事務所の跡であったとのこと(写真7)。
 現在は支流側に物置などが置かれた土地が2箇所ほど。本流側には水田跡が広く見られ往時の小屋もいくらか残る。

 


写真1 中川橋(以下支流側)


写真2 道と農地


写真3 屋敷跡?


写真4 何かの跡?


写真5 溜め池


写真6 開運(かいうん)


写真7 営林署跡


写真8 矢櫃(やびつ)大橋(以下本流側)


写真9 農地跡


写真10 小屋


写真11 道と小屋


写真12 小屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ