戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆羽根差(はねさし)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「上ノ国」(昭和37.6)を使用したものである

在:上ノ国町羽根差?
(地図サイトでは石崎(いしざき)および汐吹(しおふき)
地形図:石崎/上ノ国
形態:海沿いに家屋が集まる(旧集落)
標高:数m(旧集落)
訪問:2014年5

 

 町の西部海沿いにある。境界は大沢川以南長内(おさない)川以北の地域と思われるが、地図サイトでは字石崎および汐吹となっている。
 「角川」によると、長内川右岸の小さく突き出た岬の北側の海岸にかつての集落があったとのこと。字羽根差は昭和10年からの行政字で、もとは上ノ国村大字石崎村の一部。
 『上ノ国村史』によると、諸資料から分かる戸口の変遷は以下のとおり。

表記 戸数 出典
寛文9(1669) はねさし 「家三軒」 津軽一統志
天明6(1786) 羽根差村 「十足らず」 蝦夷拾遺
文化8(1811) 羽根差 7戸 檜山番所池田早寿手控
天保9(1838) 7戸18人 松前・箱館・江差三ヶ所附東西村調
安政3(1856) 20戸 蝦夷行程記
明治26 5戸 神社氏戸数
大正8 6戸35人  

 
旧集落は未訪問、国道沿いのみの訪問となった。汐吹側では屋敷跡と思われる平地、石崎側では倉庫のある広い平地がある。また最近の地図では長内川右岸側に畑の記号となっている一角があるが、国道を挟んだ向かいには何かの小屋(写真6)が見られた。

 


写真1 地名表示(以下汐吹)

写真2 屋敷跡?の蔵

写真3 倉庫(以下石崎)

写真4 高台の舟

写真5 高台から海を臨む

写真6 小屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ