戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆ノカナン(のかなん)



※ この地図は、国土地理院発行の1/50,000地形図「志比内」(昭和36.10)を使用したものである

在:東川町ノカナン
地形図:俵真布/志比内 志比内/志比内
異表記:野花南
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設

標高:約400m(水面は約410m)
訪問:2013年6

 

 町の中南部、忠別(ちゅうべつ)川沿いにある。
 「角川」によると、字ノカナンは昭和42年からの地区名。昭和20年集団帰農や緊急開拓事業により8戸の入植が行われた。
 現在はほとんどが忠別ダムの人造湖(忠別湖)に水没。水没を免れた上流部には、大雪山系の水を扱う企業の工場がある程度。やや下流、水没地との境界付近には親水広場(写真3)・散策広場(写真4)、また移設された江卸(えおろし)発電所がある。なお付近の「大雪旭岳源水公園」は字勇駒別(ゆこまんべつ)、道道1160号との合流部は字松山温泉(まつやまおんせん)であり、字ノカナンからは外れる。
 ともに水没移転した対岸の忠別には「望郷広場」があり、「望郷之碑」(写真6)や慰霊碑、ノカナン地区の地蔵尊(写真5)や地神(写真6)も置かれている。「望郷之碑」によると、水没により移転したのは井澤・高橋・中平・矢澤各1の計4戸。

 


写真1 忠別ダム

写真2 集落風景

写真3 親水広場にて

写真4 散策広場

写真5 地蔵尊

写真6 地神

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ