産業廃棄物・建設廃棄物・電化製品などのことなら、ISO14001認証取得の当社にお任せください。

HOME > 取り扱い品目 > 廃自動車

廃自動車

自動車のリサイクル料金は納められていますか?

2005年1月より自動車リサイクル法が施行されました。
使用済み自動車の再資源化等に関する法律で、
この「自動車リサイクル法」では、車の所有者が処理費用を負担することが定められています。

自動車リサイクル料金の支払い時について

新車の購入時、または(2005年1月以前に購入された)未納車・放置車の廃車時になります。

自動車リサイクル料金の支払い

リサイクル料金について

リサイクル料金は車種、エアバッグ類の個数、エアコンの有無等により、
自動車メーカー・輸入業者が一台毎に設定しており、およそ6,000円~18,000円(※)です。
※あくまでも一般的な金額です。車両によってはこれ以上かかる場合もございます

リサイクル料金は廃車から出たシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類を
リサイクル・適正処理するために使われます。

また料金の一部は廃車処理の情報管理(情報管理料金)や、
リサイクル料金の管理(資金管理料金)にも使われています。


※シュレッダーダスト・・・車の解体、破砕後に残るガラスや廃プラスチック類やゴム類などのごみリサイクル料金表

車をスクラップにして使用できなくした後に必要な手続き

道路運送車両法に基づく、永久抹消の手続きが必要です

永久抹消(解体抹消)とは車をスクラップにし、使用できなくして
適正な処分が完了した後に行う廃車手続き(抹消手続き)のことです。
管轄運輸支局・検査登録事務所などで手続きを行います。

ご依頼いただければ、当社でその手続きをさせていただいております。

当社による永久抹消の手続き

手続きを行う前に、ご用意していただきたい書類が何点かございます。
また普通車か軽自動車かによっても、ご用意していただく書類が異なってきます。

普通車の場合に必要となる書類

  • 廃車にされる車(
  • 車検証
  • 実印
  • 印鑑証明

軽自動車の場合に必要となる書類

  • 廃車にされる車(
  • 車検証
  • 認めの印鑑
※ナンバープレートはつけたままご持参ください

車検がまだ残っている車や普通車、
または車検証に記載されている住所と印鑑証明の住所が異なる場合などは、
上記書類以外にもご用意していただきたいものがございます。

詳しいことは、お手数ですがお問い合わせください。
 

永久抹消登録料金について

自動車リサイクル料金が別途必要となります
  普通車の場合 軽自動車の場合
和歌山ナンバーの場合 ¥ 5,000 ¥ 4,500
他府県ナンバーの場合 ¥12,500 ¥ 8,500

※登録事項証明書が必要な場合、車検証の住所と印鑑証明の住所が異なっている場合(普通車のみ)などは、
  別途料金が必要となります

詳しいことは、お手数ですがお問い合わせください。
 

ご不明な点について

営業時間:8:30~17:30(土曜・日曜・祝日も営業) ※1月1日~3日のみ休業
ご不明な点は事前に、当社までお問い合わせください

(文里)リサイクルセンター資源開発
フリーダイヤル:0120-83-4135(0739地域限定) / TEL:0739-25-0814 / FAX:0739-25-5218