産業廃棄物・建設廃棄物・電化製品などのことなら、ISO14001認証取得の当社にお任せください。

HOME > 会社案内 > ISO14001の認証取得

ISO14001の認証取得

和歌山県資源開発協業組合は2001年7月11日、ISO14001を認証取得しました。

ISO14001とは?

ISO14000シリーズは1996年9月、ISOで制定した環境マネジメントに関する一連の国際規格のことで、
環境マネジメントシステムの継続的な改善を通じて環境負担の低減を図るものです。

自然環境の保全に務め環境に配慮したよりよい企業活動を行う

私たちが住んでいる地球は今、大きな問題を抱えています。
地球温暖化による海面の上昇、森林伐採による生態系の変化。
フロンガスの使用によるオゾン層の破壊など深刻な問題が山積みとなっています。

私たちのかけがえのない地球を守るため、和歌山の美しい自然を守るため、
今後とも社員一同、これまで以上に環境保全活動に全力で取り組んで参りたいと思います。

私たちは、
天神崎のナショナルトラスト運動
串本沿岸海域ラムサール条約登録
熊野の世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」
を支援しています。

 

環境方針

当組合は、地球環境問題を人類の最重要課題の一つとして共通認識し、
「美しい和歌山の海や山、河川等自然環境の保全に務め、持続可能な自然エネルギーを活用し、
環境に配慮したよりよい企業活動を行う」ことを基本理念とします。

当組合は、廃棄物・資源ごみの収集運搬および分別業務を通じ、廃棄物の適正処理やリサイクルに貢献すると共に、地球環境の向上を目指して環境保全基本方針を次の通り定めて活動します。

  1. 地球環境保全の向上に寄与することを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、環境事故や汚染の発生を予防し、CS(カスタマーサティスファクション)および4S活動によって、顧客の良きパートナーとしてその模範となるよう行動します。
  2. 当組合が行う事業活動が環境に与える影響の中で、特に以下の項目について優先的に改善活動を推進します。
    1. 1)不燃性ごみと鉄・非鉄スクラップ・廃自動車・空き缶、空きビン・廃プラスチック等のリサイクルを行うことにより、資源の枯渇抑制および廃棄物処理場の延命に貢献します。
    2. 2)工場内環境保全の質的向上を図り、労働安全衛生を確保するとともに地球温暖化防止に貢献します。
    3. 3)各種資源の使用抑制を図るとともにコスト削減に努めます。
      また、変化している状況および情報を反映して定期的に見直すと共に、環境マネジメントシステムとパフォーマンスの継続的な改善を図ります。
  3. 地域社会の環境向上へ向けて積極的に参加、啓発、貢献に努めます。
  4. 組合の活動、製品およびサービスに係わる法規制、当組合が受け入れた協定および利害関係者からの要求事項を順守すると共に環境保全水準の向上を図ります。
  5. 本環境方針を徹底し実行するために必要なシステムを構築、文書化、維持管理し、説明、配布、閲覧などで従業員等へその周知徹底を図ります。
- この企業方針は広く一般の人に開示します -
2011年3月5日
和歌山県資源開発協業組合
理事 坂本 正人