南紀すさみ
すさみ町観光協会すさみ八景>上ミ山古墳からの眺望

上ミ山古墳からの眺望


上ミ山古墳からの眺望
 かつて枯木灘の要衝として栄えた周参見港をとりかこむ西側の岬に上ミ山(かみやま)古墳があります。ここからの枯木灘、稲積島、港周辺の町並みを望む眺めには素晴らしいものがあります。
 上ミ山古墳は昭和45年末、民間による造成工事中に発見され、関係者の理解と協力により発掘調査されました。古墳は6世紀頃のものといわれ、高さ4m、直径20mの円墳で、紀伊半島にある古墳の南限とされています。
石室
 この古墳の石室は横穴式で、3室に分けられており、鉄製の直刀や鏃(やじり)などの武具や、カンナ・のみなどの工具類、高杯などの須恵器、埋木製・コハク製・水晶製の装身具など多数発見されました。これらの品物は、すさみ町立歴史民俗資料館に保管陳列されています。
 現在は地主のご理解により保存復元されています。

上ミ山古墳への交通

 JR周参見(すさみ)駅から車で約5分、そのあと徒歩で約5分。上ミ山古墳への地図


すさみ町観光協会トップページへ もどる