沿  革   世界のライオンズクラブの歴史
1917年
   6月7日
アメリカ人メルビン・ジョーンズの呼びかけによってアメリカ合衆国各地から
約20名の代表者が集まりシカゴ市のホテル・ラサールのイーストルームで初
会合を行った。
1917年
  10月8日
22クラブの代表者36名がダラス市のアドルフォス・ホテルに集まって第一
回の大会を開催し、ここに正式に「ライオンズクラブ協会」の名称を採用した。
後に世界最大、最も活動的な奉仕クラブとなる団体が誕生する。
1920年
   3月12日
カナダ、オンタリオ州ウインザー市にアメリカ合衆国以外の第一番目のクラブが
結成され国際協会」となる。
1925年
   6月29日
第9回国際大会においてヘレン・ケラー女史が「ライオンズよ!闇を開く十字軍
の騎士たれ」と素晴らしいスピーチをして以来、眼の不自由な人を助け、目を守る
運動は我々の奉仕活動の大きな柱となった。
1926年〜
     27年
中華民国、メキシコ、キューバ、が加入国となり、1183クラブ、59.965名
となる
1935年
   8月6日
パナマが加盟して中央アメリカが我がファミリーの一員となる
1936年
   1月20日
コロンビアが南米ではじめてライオンズの地図に載る
1948年
   3月24日
ライオンズ精神は大西洋を渡ってスウェーデン、スイス、フランスに灯をともした
1950年代半ばまでに中東、アフリカが加わりさらに世界的なものとなる
旧共産圏におけるライオンズクラブの誕生
1989年2月 東欧のハンガリーにブダペスト・ライオンズクラブが結成され、ライオンズクラブ
国際協会は旧共産圏にクラブを結成した最初の奉仕クラブの組織となる。その後、
東欧諸国の国家体制の変革もあり、ポーランド、エストニア、チェコスロバキア、
ルーマニア、ユーゴスラビア、ロシア共和国、リトアニアなどにクラブが結成さ
れている。