District 335-B 10R 1Z Shirahama-Minami Lions Club
  ☆☆☆☆☆☆ 私たちクラブの会則 ☆☆☆☆☆☆
  
   私たち白浜南ライオンズクラブに於きましても、クラブ設立以来の長い間“ライオンズ必携”を基にしたクラブ内規を採用して

  いました。
普通、組織が結成された場合、必ず会則が存在します。しかし、ライオンズクラブの場合、その決め事のあまりの多さ

  がクラブ独自の会則を作る事
の大きな障害になっていたと思われます。私たちクラブ運営の基礎となっている「ライオンズクラブ

  会則および付則標準版」は会則と
言うよりむしろマニュアルと言った方が適切かも知れません。 それは、誰が役員や委員長とい
  
  った役職に就いても、必携を紐解けば理解出来るように極
めて親切に作られているからです。長い間、このような悩みの中で、私
  
  たちクラブの設立20周年を機会にクラブ会則の作成に
チャレンジしてみました。「ライオンズクラブ会則および付則標準版」を
  
  基に、クラブ独自の項目を記載して特に変更
を伴わない共通の項目は「標準会則に従い規定する」の表現で極力文字数を節約しま
  
  した。
そして、本来のクラブ運営に関する細目を「クラブ内規」としました。併せて、YEプログラムの運営に関する「YE内規
  
  」制定しました。
私たちクラブの会則を制定以来、数回におよび改定して来ましたが、自分たちの会則と云う意識が少し芽生えて
  
  来たように思われます。
規則に縛られると思う事はよくないと思いますが、ルールを重んじ、クラブ運営がスムースに行われる事
  
  は素晴らしいことと思います。
これからも、よりよいクラブ運営のための会則であるよう努めて行きたいと思います。ご意見、ご
  
  感想をお待ち申し上げます。

 

白浜南ライオンズクラブ会則

本会則はライオンズクラブ国際協会会則および付則を遵守し、ライオンズクラブ会則および付則標準版

     (以下標準会則という)にもとづき規定する。

第1条   名 称、事務局、スローガンおよびモットー

        1項   本クラブは白浜南ライオンズクラブと称し、ライオンズクラブ国際協会(以下国際協会という)の認証

        を受け、その会員となる。         

     2項 本クラブのスローガンは「Liberty, Intelligence, Our Nation's Safety」とする。

       3項 本クラブのモットーは「We Serve」とする。

     4項 本クラブの事務局は、和歌山県西牟婁郡白浜町3753ホテル古賀の井内に置く。

第2条   目 的

                本クラブの目的は標準会則のとおりとする。

第3条   会 員
      
1項      会員の資格 白浜町およびその周辺に居住又は、白浜町内に勤務する善良な徳性の持ち主で、地域社会

        において声望のある成人は、付則第1条の規定に従い本クラブの会員になる資格がある。

        本会則および付則で男性を表す言葉又はその代名詞が用いられているすべての個所で、それは男性と

        女性の両方を意味するものとする。

      
2項      招請による入会 本クラブの会員の獲得は招請のみによる。推薦する会員(スポンサー)は会員推薦書

        に必要事項を記入し会員委員長に提出する。(以下略)

第4条  会員資格の喪失

       標準会則に従い規定する。

第5条  支部クラブ

      
1項      支部の形成  標準会則に従い規定する。

      
2項      親クラブ会員 標準会則に従い規定する。

      
3項      資金獲得   標準会則に従い規定する。

      4項      支部解散   標準会則に従い規定する。

第6条  役 員    

     1項  役員 本クラブの役員は会長、前会長、第1、第2副会長、幹事、会計、ライオン・テーマ、

         テール・ツイスター、会員理事、2年理事(2名)および1年理事(2名)とする。    

     2項  解任 標準会則に従い規定する。

第7条  理事会

     1項 構成員 理事会は第6条1項の役員により構成される。

     2項 定足数 標準会則に従い規定する。

     3項 任務および権限 標準会則に従い規定する。

第8条  国際大会、地区大会代議員

     1項 国際大会代議員派遣の権利 標準会則に従い規定する。

     2項 地区大会、複合地区大会代議員派遣の権利 標準会則に従い規定する。

第9条  紛争解決

       標準会則に従い規定する。

10条  改 正
    1項 改正手続 標準会則に従い規定する。

    2項 公 示  標準会則に従い規定する。

11条  内規の制定

    1項 本クラブは、クラブの運営および事業の実施に関し、内規を制定することが出来る。

    2項 内規の制定および改正は、担当委員会、会則委員会の審議を経て、理事会および例会に於いて承認を受

       けなければならない。

    3項 内規の制定および改正に関する票決は前条に準ず。

                   付  則

第1条  会 員

    1項 会員の分類

      (1) 正会員  標準会則に従い規定する。

      (2) 不在会員 標準会則に従い規定する。

      (3) 名誉会員 標準会則に従い規定する。

      (4) 優待会員 標準会則に従い規定す。

      (5) 終身会員 標準会則に従い規定する。

      (6) 準会員  標準会則に従い規定する。

      (7) 賛助会員 標準会則に従い規定する。

      (8) 交替会員 本クラブを企業を代表する正会員が、転勤および退職等により退会した場合、その後任者は

       会員委員会および理事会の承認を経て正会員として入会することができる。交替前会員のスポンサーはこ

       れを継承する。

    2項 二重会員籍 標準会則に従い規定する。

    3項 退 会   標準会則に従い規定する

    4項 再入会員  会員委員会、理事会の承認を得て(以下略)

    5項 転籍会員  標準会則に従い規定する。

    6項 会費未納  標準会則に従い規定する。

    7項 出 席   標準会則に従い規定する。

第2条  役 員

    1項 任 務

       (a) 会 長   標準会則に従い規定する。

       (b) 前会長   標準会則に従い規定する。

       (c) 副会長   標準会則に従い規定する。

       (b) 幹 事   標準会則に従い規定する。

       (e) 会 計   標準会則に従い規定する。

       (f) 会員理事  標準会則に従い規定する。

       (g) ライオン・テーマー 標準会則に従い規定する。

       (h) テール・ツイスター 標準会則に従い規定する。

    2項 役員の資格 標準会則に従い規定する。

    3項 報 酬   標準会則に従い規定する。

第3条  会合と定足数

    1項 例 会 本クラブの例会は、毎月第一、第三火曜日とし、ホテル古賀の井に於いて午後6時30分から

       開会し、午後7時45分(若干の食事時間を含む)に閉会する。但し、特別な例会については、理事会お

       よび例会の承認を経て、日時および場所を変更することが出来る。前記、閉会時刻をやむを得ず延長す

       る場合は幹事が随時、時間延長の承認を求めなければならない。例会の通知は本会則および付則で他に

       特に規定する場合を除き、原則としてFAXまたは電話で会員に通知する。

    2項 特別会合 標準会則に従い規定する。

    3項 チャーター記念会 標準会則に従い規定する。

    4項 周年会合 標準会則に従い規定する。

    5項 定足数  標準会則に従い規定する。

    6項 グッド・スタンディング 標準会則に従い規定する。

    7項 定例理事会 理事会の定例会合は原則として毎月第1例会の次週の木曜日とし、ホテル古賀の井に於いて

       午後7時30分より開会し、午後9時に閉会する。前記、閉会時刻をやむを得ず延長する場合は幹事が随

       時、時間延長の承認を求めなければならない。

    8項 臨時理事会 標準会則に従い規定する。

第4条  選挙と空席補充

        標準会則に従い規定する。

    1項 指名会   標準会則に従い規定する。

    2項 指名委員会 標準会則に従い規定する。

    3項 就任不可能の被指名 標準会則に従い規定する。

    4項 選挙会   標準会則に従い規定する。

    5項 年次選挙  標準会則に従い規定する。

    6項 会員委員会 標準会則に従い規定する。

    7項 理事の選挙 標準会則に従い規定する。

    8項 投 票   標準会則に従い規定する。

    9項 欠 員   標準会則に従い規定する。

   10項 役員エレクトの補充 標準会則に従い規定する。

第5条  納入金および会費

    1項 入会金 名誉会員を除き、各新、再入、転籍および交替会員は、国際協会入会金を含め50,000円を本クラ

       ブ入会金として納入する。ただし、前クラブ退会後6ヶ月以内に転籍、交替または再入会を認められた会

       員は入会金の半額を免除することができる。準会員は前記入会金より国際協会入会金を除く。

    2項 年間会費 本クラブの各会員は、国際協会ならびに地区および複合地区納入金(ライオン誌購読料、国際

       協会運営費および年次大会費並びに地区および複合地区の同様な会費)を含め、次に明記された経常年間

       会費を支払わなければならない。各会員は7月と1月に年会費の半額を前納するとともに、正会員は会食

       費の半額を前記に従い前納し、その他の会員は実費払いとする。但し年度中途入会者は国際協会地区およ

       び複合地区納入金の他は月割り計算として前納する。準会員は年会費より国際協会並びに地区および複合

       地区納入金を除く。

       1 正年会費   120,000    会食費 60,000

       2 不在会員年会費 120,000

       3 終身会員年会費 120,000

       4 優待会員年会費 100,000

       5 名誉会員年会費 100,000円 (国際協会、地区関係費はクラブ負担)

       6 賛助会員年会費 100,000円 (国際協会、地区関係費はクラブ負担)

       7 準年会費   100,000円 (国際協会、地区関係費は除く)

       本クラブ会計は、国際協会納入金と準地区、複合地区納入金をそれぞれの口座に、それぞれの会則で決め

      らた時期に納入しなければならない。本クラブ、理事会、役員または会員はここで規定された納入金以外の

      会費、入会金または割当金をいかなる会員に対しても課しまたは要求してはならない。但し、テール・ツイ

      スターの課すファインおよび特別ファインを除く。

    3項 終身会員の国際会費 付則第1条1項()に関し本クラブの終身会員は、今後の国際会費全額の代わりに

       300ドル相当額の納入は当該会員の負担とする。

    4項 納入金の返却 本クラブは会員が既に納めた国際協会、地区、複合地区および本クラブ会計に対する全て

       の納入金は請求があってもこれを返却しない。

第6条  支部クラブ運営

    1項 コーディネーター/副コーディネーター 標準会則に従い規定する。

    2項 連絡員  標準会則に従い規定する。

    3項 投票資格 標準会則に従い規定する。

第7条  常設委員会

    1項  標準会則に従い規定する。

        ()運営委員会 標準会則に従い規定する。

        ()事業委員会 標準会則に従い規定する。

    2項 特別委員会 標準会則に従い規定する。

    3項 会長、副会長、幹事、会計の権限 会長、幹事および会計はすべての委員会の職権委員となり、各副会長は

       担当委員会の職権委員となる。

    4項 構 成 すべての委員会はそれぞれ1名の委員長と、前記2項を条件に会長が必要と認める人数の委員に

       よって構成される。但し、会員委員長を除き役員は委員長の指名を受けることはできない。

    5項 報 告 各委員会は原則として毎月定例委員会を開き、会長および理事会より付託された議案を検討し、

       議事録をもって理事会に報告する。

    6項 委員会の任務 各委員会は理事会の承認および必要なときは例会の承認を経て、会長および理事会より付

       託されたクラブ運営および各事業を推進し実施する。

    7項 オブザーバー 会長またはその他の役員が理事会において、議事の進行上必要と認めた場合は理事会の承

       認を経てオブザーバーとして会員の出席を招請し発言を求めることができる。但し、その出席会員は表決

       権をもたない。委員会に於けるオブザーバーの招請も上記に準ず。

    8項 監査委員 本クラブは会員より選出された監査委員(2名)を置く。

    9項 監査委員の選出 監査委員は本会則第4条に規定する手続きに従い選出される。

        但し、役員候補者は指名を受けることはできない。

   10項 監査委員の任務 監査委員は、本クラブの会計および活動について年2回および必要と認められた時これ

       を監査し、理事会および例会に報告しなければならない。

   11項 指名委員の任命 本クラブは付則第4条に関し、会長の指名により毎年2月に指名委員長および指名委員

       (4名)を任命する。

   12項 アシスタント 本クラブはライオン・テーマおよびテール・ツィスターの補佐として前記4項に従い会長

       が任命する各アシスタント(若干名)を置く。

   13項 ホームページ管理者 本クラブはIT委員会に前記4項に従い会長が任命するホームページ管理者を置く。

第8条  議事の進め方

                            標準会則に従い規定する。

第9条  雑 則

    1項 紋章、色 標準会則に従い規定する。

    2項 会計年度 標準会則に従い規定する。

    3項 名誉郵送リスト 標準会則に従い規定する。

    4項 政党、宗派 標準会則に従い規定する。

    5項 政個人的利益 標準会則に従い規定する。


    6項 寄付の依頼 会員でない者は、会合の席で会員に寄付を求めることはできない。また、本クラブの会合中

       に経常以外の臨時支出の要請または提案がなされた場合、すべてその関連する担当委員会に付託する。本

       クラブの規定するすべての会合に於いて、国際協会、地区、複合地区および本クラブに関するもの、また

       は担当委員会によるチャリティーを除き、いかなる者も物品の販売およびこれに類する行為を行ってはな

       らない。

10条  改 正

    1項 改正手順 標準会則に従い規定する。

    2項 公 示  標準会則に従い規定する。

                                   補   

    1項 本会則は、国際協会会則および付則ならびに標準会則の改正にともない本会則の改正を必要としない限

       りそれに従い規定される。

    2項 本クラブはクラブ運営に関し、白浜南ライオンズクラブ内規を制定する。

    3項 本クラブはYEプログラムの事業推進および実施に関し、白浜南ライオンズクラブYE内規を制定する。

    4項 本会則は、1997年 5月制定し、実施する。

    本会則は2003年7月1日改正し、実施する。

    本会則は2004年7月1日改正し、実施する。

    本会則は2005年7月1日改正し、実施する

    出席メーク・アップ規則    ライオンズ必携に従い規定する。