本年度の取り組み目標

目標を持った生徒の育成(主体的に進路開拓が出来る生徒の育成)

(1)確かな学力の向上を図る。
  @指導内容の工夫・改善に努め、生徒が主体的・意欲的に学習する指導を展開する。
  A思考力・判断力・表現力を育成する。
  B個を生かし伸ばす授業を心掛け、意欲を引き出す評価のあり方をさらに追求する。

(2)たくましい体力を付けさせる。
  @体育の授業、学校行事、部活動を通して体力、精神力の向上を図る。 特に部活動を活発に
    し、成就感を持たせたい。
  A生徒が健康な生活が送れるよう保健教育の充実を図る。正確な情報伝達にも努める。

(3)豊かな心を育てるために人権・福祉教育の充実を図る。
  @日常生活で、人権を侵害するような事柄に気づき、それらをなくしていく力を身につけさせ
    る。また、みんなの願いや要望を、協力して実現していく集団づくりをめざす。
  A人権について正しい知識を身につけさせる。
  Bはまゆう支援学校・鮎川園・大塔社会福祉協議会や老人会等、地域の人々との交流活動を
    進め、「ノーマライゼーション」の理念を学習し、人を慈しむことを肌で感じ取らせる。
  Cまず自分の基本的生活習慣の確立と主体的な学習態度を育むことの大切さを知らせたい。

(4)進路指導の充実を図る。
   @自ら生き方を考え、主体的に進路を選択する能力の育成に努める。
   A高等学校への進学希望生徒がほとんどなので、学力向上に取り組む。

(5)小中一貫教育の実践に努める。
   @これまでの研究成果を、今後の教育実践に活かしていく。

(6)特色のある活力に満ちた学校づくりに努める。
  @コンピュータのさらなる活用をはかり、必要な情報を積極的に活用する能力を育成する。
  A地域の人材や教育資源を積極的に教科学習に取り入れていく。
  B行事活動を通して、自主性・主体性を育むとともに、満足感・成就感を培う。
  C生徒会活動・部活動を通して、自発的・自治的な活動が展開されるよう配慮する。
  DATOM学習を積極的に展開し、生き方を追求させたい。

(7)地域に開かれた学校づくりに努める。
  @『学校便り』・PTA広報紙「やまがら通信」をさらに充実し、地域の方々にも学校やPTAの   取り 組みを理解してもらう。
  A保護者・地域の願いを吸収し、学校教育に生かす具体的手立て(学校評議員・学校評価等)
    を講じる。
  B関係機関と胸襟を開き協力・連携をはかる。 

(8)特別支援教育の充実を図る。
  @特別支援学級設置により、特別支援教育に関する現職教育を充実する。
  A人権教育の一環として、生徒、地域、保護者に理解を深める。
  B集団づくりの中で、交流教育に取り組み、相互に学びあい、育ちあう関係を確立する。
  C専門機関や関係機関、団体との連携・協力を図り、就学・進路の保障に努める。
  D通常学級における特別支援の必要な生徒に適切な支援を行う。  

メインメニュー

小中一貫教育研究
平成15〜17年度