現在表示しているページ
ホーム > 特産品 > 海産物・蒲鉾(かまぼこ)
ここから本文です

特産品 海産物・蒲鉾(かまぼこ)

美しい海岸線の伸びるみなべの海。紀州灘に面しているみなべは、黒潮海流にのって暖水性の魚が回避してくるため、約800種類もの魚介類が水揚げされる豊かな漁場となっています。岩礁地帯では刺し網漁業。沖合では回遊魚を対象に巻き網漁業。沿岸では刺し網、はえ縄、一本釣りを行う漁船漁業と、多様な漁法が展開されています。

海産物

写真:海産物

伊勢エビ、イワシ、シラス、ヒラメ、カツオ、アジ、タチウオ、ガシラ(カサゴ)、サバ、などをはじめ、タカアシガニ、タコ、イカなど、水揚げされる魚介類は800種を超える海の幸の宝庫です。新鮮な食材を活かした水産加工も盛んで、めざし、イカの一夜干し、シラスちりめん、アジの開き、カマスの開きなどの乾物が有名です。
獲れたて新鮮そのものの海の恵みをたっぷりとご堪能下さい。

蒲鉾(かまぼこ)

写真:南蛮焼南蛮焼(なんばやき)、ごぼう巻、どちらも贈答品として、食卓を飾る嗜好品として、多くの人に親しまれています。

南蛮焼(なんばやき)

「南蛮焼(なんばやき)」は、ここみなべ地方などに江戸時代から伝わる名産品です。
その昔、江戸の殿様に献上するために作られたと言う逸話があります、今でもこの地方で獲れるエソという魚を吟味して使用した一枚一枚手作りというこだわりを持つ一品です。

ごぼう巻

「ごぼう巻」は柔らかく煮込んだゴボウにエソの皮を巻き、秘伝のタレでつけ焼きした高級珍味として知られています。

関連リンク

このページのトップに戻る