南方熊楠研究会 2020年夏期年次例会

このウェブページでは、2020年8月1日開催の南方熊楠研究会 2020年夏期年次例会 について案内しています。

日程・開催方法など

2020年8月1日

オンライン(インターネット上)で、ワールドワイドウェブ上でのポスター発表および同時配信型インターネット会議での口頭発表により開催

発表題目

【発表形式】ポスター発表(ワールドワイドウェブ上で学会員に開示)

[発表者] 雲藤 等   [所属]早稲田大学エクステンションセンター

[発表題目]「南方熊楠の知的活動と睡眠時間」

[発表者] 郷間 秀夫  [所属]栃木県農業大学校

[発表題目]「南方熊楠の論考「山婆の髪の毛」について ―南方熊楠と植物病理学者日野巖―」

【発表形式】口頭発表(同時配信型インターネット会議による)

[発表者] 松下 恵子  [所属]和歌山大学 特任助教

[発表題目]「明治期にアメリカに渡った留学生たち―南方熊楠と石阪公歴―」

[発表者] 志村 真幸  [所属]慶應義塾大学非常勤講師

[発表題目]「南方熊楠の英文論文はいかに読まれたか−フィクションとフォークロアと民俗学」

[発表者] 岸本 昌也  [所属]武蔵大学非常勤講師

[発表題目]「未投函の毛利清雅宛書簡と南方熊楠の情報戦略 ―昭和天皇の行幸をめぐる五月上旬の状況」

[発表者] 大原 智   [所属]大阪大学・接合科学研究所

[発表題目]南方マンダラと生物多様性

  大原氏発表のための配布資料[2020. 7.29 公開]

学会員へのお知らせ

今回のオンライン開催にかかる詳細は、ポスター発表、同時配信会議での口頭発表とも、学会員へ個別に通知をします。不明の点がありましたら、南方熊楠研究会事務局までお問い合わせ下さい。

オンラインでの学会開催に関するお願い

今夏の南方熊楠研究会夏期年次例会は、今般の新型コロナウィルス発生の状況に鑑み、当初計画されていた龍谷大学(京都市)での開催予定を変更して、すべてをインターネット上のオンラインで行うことになりました。

当研究会としてはもちろんはじめての試みであり、参考となる先例も多くなく、多くの事柄を試行錯誤しながら進行しています。手続き・進行に瑕疵の多いことと思いますが、ご宥恕をいただきたく存じます。

実りある研究発表と討議を実現するため、会員各位より建設的なご協力をいただけますよう、お願い申し上げます。