ヴォイニッチ手稿 解読 翻訳
  緑字は花のお話のページです。
  ◎印は2022年以降の新訳や改訳のページです。

  1-20
  1r  ◎ 「手稿」原本の入手の為、4人が旅立ちました。
  1v  ◎ 花の育て方です。文字の判別が難しいです。
  2r  ◎ 二つの花の育て方。
  2v  ◎ 私達の成長。
  3r  ◎ サジへの希望と、任地での活躍。
  3v  ◎ 何の花なのでしょうか。
  4r  ◎ 心安らぐ花のお話。
  4v  ◎ 私達の国の変化。
  5r  ◎ 約束の別の国へ移住します。
  5v  ◎ ウスベニアオイの紹介です。
  6r  ◎ 地震でしょうか、土地が変わります。
  7r  ◎ 国々の変化。
  7v  ◎ 国の争い。
  9r  ◎ 私達の新国のお話。
  9v  ◎ 古い土地の思い出。
  10v  ◎ パンジーの紹介とその育て方。
  11r  ◎ お庭あるいは土の手入れ。
  11v  ◎ 人が減り船を作り始めます。
  13r  ◎ 何処の国での苦悩でしょうか。
  13v  ◎ 国政の一般論でしょう。
  14v  一行目はいつもの枕詞です。
  14r  初期の国の成り立ちについて自論を述べています。
  15v  ◎ 旅中と私達の家の衰退。
  16r  とある国の発展。
  16v  ◎ 最初の国土の発展。
  17r  地震後の様子ですが、どこの国でしょうか。
  18r  ヤマトの情報は欧州まで伝わっていたようです。
  18v  ◎ 花の育成について。
  19r  地震があったが、新地を得て発展した様子。わかりやすいページです。
  19v  遠い所でのお話。
  20v  ここにも地震の記載があります。

  21-40
  21v  ◎ 船か家を造るため古家を壊します。
  22r  ◎ 地震で無くなった土地の復興です。
  22v  おとなしい国は悪い国である。
  23r  ◎ 何らかの災害の後、国が再生し指導者ができた。
  23v  家国家の発展。
  24r  ◎ 生活苦からの希望。出発前の事でしょう。
  25r  ◎ 土の手入れ。
  25v  ◎ ボスの活躍。
  26v  ◎ アラブの国の成長。
  27r  アラブでの不満。
  27v  ◎ タンポポです。海外逃避の考えはこの花から。
  28r  新地での生活が始まりました。
  28v  異国での生活です。
  29r  大船が着き上陸しました。
  29v  ◎ 「薬」の話が良く出てきます。
  30r  大災害後の復興時期の様子でしょうか。
  30v  ◎ とある地域の古い国の成長。
  32r  ◎ 沖の小国。
  32v  「国家は約束が全てだ」。自国への不満でしょうか。
  33r  ボスを褒めています。
  33v  自国への不満でしょうか。
  36r  ◎ 私達の土地は遠い所でした。
  36v  ◎ 新天地のための話し合い。移住先の決定。
  37r  ◎ とある花の育成について。
  37v  私たちの国土について。
  38r  ◎ 地震とその後。
  38v  やや解りやすい文章です。
  40r  アラブと日本の事。

  41-60
  41v  北九州の小国。
  44r  移住先での成長。
  44v  当時の大人の交流は。
  45v  争いか何らかの自然災害があったのか移住しました。
  47r  長旅が終わって目的地に着きました。
  47v  どこの国の私たちの発展でしょうか。
  48r  国名がたくさん書かれていますが、中東方面でしょうか。
  48v  ここにもヤマトの文字があります。
  49r  ◎ 国の興亡。
  49v  地震と津波がありました。
  50v  ◎ 古い国の成立。
  51r  長旅が終わって目的地に着きました。その後。
  51v  新しい国の出来事。津波があったようです。
  52r  ここには何の花を記載しているのでしょうか。
  52v  何処の国の事でしょうか。旅行のメモ書きの様です。
  53r  ◎ 出入りの発展。
  53v  巨大地震と帰国の時期は同時期か。
  54r  野菜のサジーは梅雨明けに植えるそうです。
  54v  ここにも巨大地震と津波の記載があります。
  55v  奴帝国について。
  56v  ◎ 国の変遷。同じ単語が多い。
  57v  月桂樹の育て方と、育てることによる心のやすらぎ。
  58r  ヤマトに繋がる出来事。貴重な内容だと思います。
  58v  大変難解な文章です。

  61-80
  65r  ◎ 「手稿」内で最も短い文章のページです。
  65v  国政自論でしょうか。
  66r  辞典のような体裁ですが見出しの意味が解りません。(部分)
  67r  植物の生育と国論があり、天候不順の記載もあります。
  67v  各国の様子の紹介か。
  68r  ◎ 当時の地球儀です。
  68v  ◎ 世界の道路案内です。
  69r  ◎ 表向きは花の生育ですが。
 69v70r  アラブと九州のお話です。
  70v1  国別比較紹介です。第1部。
  70v2  国別比較紹介です。第2部。
  71r  国別比較紹介です。第3部。
  71v1  国別比較紹介です。第4部。(部分)
  71v2  国別比較紹介です。第5部。(部分)
  72r1  国別比較紹介です。第6部。(部分)
  72r2  国別比較紹介です。第7部。(部分)
  72v1  国別比較紹介です。第8部。(部分)
  72v2  国別比較紹介です。第9部。
  72v3  国別比較紹介です。第10部。
  73r  国別比較紹介です。第11部。
  73v  国別比較紹介です。第12部。
  75r  期待の入浴シーンとなりますが。中身はどうでしょうか。
  75v  古代九州の衰勢の歴史が書かれています。
  76r  古代東アジアの歴史が書かれています。(部分)
  76v  古代東アジアの歴史が書かれています。
  77r  倭国大乱の長いお話です。
  77v  九州統一前のお話でしょう。
  78r  ここには古代九州史が書かれています。
  78v  前ページと同様です。九州の成り立ち。

  81-100
  81r  九州にあった古い国のお話です。
  81v  ここも九州にあった古い国のお話です。
  83r  九州統一のお話です。
  83v  九州の小さな国のお話です。たくさんあります。
  84v  ウムバットの全国制覇。
  85r2  ここにもヤマト移住前後の事が書かれています。
 85v 86r  当初最も解読が難しいと思われたページです。
  86v1  何が書かれているのか翻訳中。(部分)
  86v4  色々な国の発展について書かれている様です。
  87r  気にしていた書き込みのページです。
  87v  地震津波の被害がここにも書かれています。
  88v  奴国。
  89v3  日食・地震・津波は同時期に発生か。
  90r1  巨大津波が発生しました。
  90r2  何処の国でも争い・成長・薬は繰り返し起こるようです。
  90v  希望が叶った時のお話。
  93v  旅に同行した他の方の文章でしょう。
  94r  黄色いヤマト国の発展。
  95v1  何処の国の所見でしょうか。
  96r  何処の国の地震でしょうか。
  96v  ヤマトに着きました。
  100r  日本が選定されました。
  100v  ここにも地震や水害が書かれ、国の様子が変わったようです。

  101-116
  101v  日本への帰化後の生活でしょうか。
  102v  ヤマトは成長し国となった。古いお話です。
  103v  ◎ 国別紹介の一部。古代九州のお話でしょうか。(部分)
  104r  ◎ とある貧国の簡単なお話です。(部分)
  105r  ◎ 王様のいるアラブの国のお話でしょう。(部分)
  105v  ◎ 国別紹介中にある古代九州ヤマトの紹介です。(部分)
  106v  ◎ 国別紹介中にあるウマ国の紹介です。(部分)
  107r  ◎ 我が国に関係の国別紹介か。(部分)
  108v  ◎ 国別紹介。どこの国でしょうか。(部分)
  111r  ◎ 我が国に関係の国別紹介か。(部分)
  113v  ◎ ここにも我が国に関係の国紹介が。(部分)
  115r  ◎ 国別紹介。どこの国でしょうか。(部分)
  116r  この「手稿」本文の最後のページです。(部分)
  116v  ◎ この「手稿」の筆写にあたった人々の名前が記載されています。

  コラム
 文字発音  ヴォイニッチ手稿に使用された文字と発音です。
 単語の意味  ヴォイニッチ手稿に使用された単語についてです。
 解読参考  ヴォイニッチ手稿の解読参考。
 解読手法  私が解読している方法の一部です。
 基本単語集  誤訳もあると思います。第一部の500語余りです。
 手稿内容  ヴォイニッチ手稿に書かれている内容です。
 手稿と私  ヴォイニッチ手稿と私。

  レヒニッツ写本 (Rechnitz) 解読
レヒニッツ写本  全くの初歩的な考察。
思い付き妄想  全くの思い付き妄想。


    ページ数はすべて Yale University が 公開している Beinecke MS 408 のページに合わせています。
    PDFファイルの閲覧・印刷には、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です。
    ご意見は kitano@mb.aikis.or.jp までお願いします。日本語のみ対応します。