戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆崎山(さきやま/サキャン)



※ この地図は、陸地測量部参謀本部発行の1/50,000地形図「西表島西南部」(大正12.5)を使用したものである

所在:竹富町崎山字崎山
地形図:ウビラ石/西表島西部
アクセント:サヤマ
形態:海岸付近から斜面にかけて家屋が集まる
標高:数m〜数十m
訪問:2010年12月

 

 島の西部にある
 訪問は徒歩で網取より。網取まで送っていただいた船主の話では、3、4年前まで集落を再建するために4、5人が住んでいたという。主宰者は石垣島の不動産業者で、崎山に住んでいたおじから土地を譲り受けていた。2年ほど居住、国による一筆調査の目前まで漕ぎ着けたが、主宰者が体調を崩したため計画は立ち消えてしまった(集落再建に関わる法律があり、条件を満たすと集落として認可されるという)。当時は屋敷跡や御嶽もきれいに整備されており、住民がスーツ姿で近辺を歩いていたこともあったそう。
 海から少し登った場所の屋敷跡がその拠点と思われ、椅子やシート、柵など名残と思われる遺物も多く残っている。他の屋敷跡はほとんど木々や草に覆われ、敷地内を詳しく調べることはできない。集落跡は斜面に沿って作られており、平地に乏しい。
 なお冬季はイノシシ猟が解禁となり、この一帯を拠点にしている方が海辺に簡素な小屋を掛けている。この方に御嶽の大まかな場所を教えていただいたが、木や草が深く行くことはできないとのこと。
 以下は『崎山節のふるさと』より集落について抜萃したもの。

宝暦5(1755)年創立。波照間島から280人、網取から62人、鹿川から92人、祖納(そない)から10人(計459人)が強制移住、開拓に従事
創立時の役人、崎山氏が自分の姓から命名したことが地名の由来か
当所は現在の集落跡の西部(ヌバン(野浜)とよばれる)に村を作ったが、風や波が強い、交通の便が悪い、舟を引き入れる場所がないといった理由で、現在地に移転
宝暦11年382人、明治6年64人、昭和17年38人、昭和20年25人、昭和23年廃村。直前には3世帯
男は稲作を中心とする農業、女は機織りと畑作り。野菜は白浜や炭坑に、舟を漕いで売りに行った
日用品は、数人で舟を漕いで白浜まで買いに行った

 以下は人家のあった区画の変遷。番号は管理人が便宜上付けたもの。( )は家ではない場所。★は戦後まで残った家。

番号 明治末 昭和初め 備考 
1 山城 (畑) 井戸(アガネーヌカー)所有 
2 (村番所) 前盛 ★ 集落再建の拠点か
3 (役人詰所) 崎山
4 新盛 新盛 ★(廃村時まで居住) 御嶽の神司
5 宮良  
6 新盛  
7 前盛 前盛  
8 本名 本名  
9 石川 石川家の屋敷跡  
10 崎山 崎山家の畑  
11 前盛 崎山 10の崎山家が移転か
12 大嵩 大嵩  
13 新盛 新盛家の屋敷  
14 新盛 新盛  
15 新盛  
16 平良家の屋敷跡 17の平良家。井戸所有
17 平良 のち16に移転
18 兼盛 兼盛 ★(廃村時まで居住)
19 盛山 盛山家の屋敷  
20 蓋盛 蓋盛 ★(廃村時まで居住) 御嶽の神司
21 赤嶺 赤嶺
22 新盛  
23 下底家の屋敷跡 玉代勢 玉代勢家は鹿川からの転入
24 粟盛 粟盛  
25 真地  
26 新盛  

※ このほか真地家が、鹿川廃村後に転入(大正3年崎山へ転出)しているが、資料からは居住地は分からない。No.25の真地家か

 


写真1 集落遠景


写真2 集落付近より北東を望む(干潮時)


写真3 屋敷跡の石段

写真4 石積み

写真5 「崎山村」の看板。集落再建の名残か

写真6 壜と瀬戸物

写真7 屋敷跡

写真8 珊瑚の鉢

写真9 何かの跡?

写真10 石垣

写真11 集落内の道

写真12 浜に埋もれた茶碗

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ