戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆内堂(うっちんどう)

所在:本部町伊野波(いのは/ヌファ)
地形図:仲宗根/伊江島・仲宗根
アクセント:ウッチンドー
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約120m前後
訪問:2010年12月

 

 市の大字伊野波の北東部にある。ウチンドーバル(内堂原)とも。
 現在は転入した現住世帯が1軒と、造園会社の家屋がある。在住の方の話では、かつては2、30軒。すべての家が、子世代が転出した後に亡くなって集落は無人に。沖縄海洋博の頃(昭和50年代)から人が減り始めたのではないかとのこと。戦後町内備瀬(びせ)あたりの次男三男が分家し、土地を開墾したことが集落の起源と聞く。畑ではサトウキビ・パイナップル、後年はタンカンなどを栽培していた。出稼ぎに出る家もあったという。
 町史には「ウチンドーバルが一九七五年を最後に廃集落になった」とある。

 


写真1 平地(屋敷跡?)

写真2 屋敷跡

写真3 建物

写真4 便所

写真5 墓

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ