戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆エーラ(えーら)

所在:東村川田(かわた/カータ)
地形図:国頭平良/国頭平良
形態:川沿いから斜面にかけて家屋が散らばる
標高:数十m
訪問:2011年1月

 

 大字川田の北部にある。エーラマタ川(国土地理院の表記に依ると「イエラーマタ」)の分岐付近。下流の一部は福地(ふくじ)ダムの人造湖(福上(ふくがみ)湖)に水没。
 往時の道は福地ダムにより水没しているため、現地への訪問は困難と思われる。
 以下は村史の記述を要約したもの。

エーラは、エーラマタ川とその支流・イリヌマタとアガリマタの沿って明治中期から戦後間もない頃まであった集落
昭和10年頃訪れた川田の人物によると、当時40戸ほどであった
川田在住の人物(明治30年生)の記憶では、大宜味村出身者が4戸、本部町出身者が1戸、名護市源河(げんか)の出身者が1戸(源河家)など
主な生業はエー(藍)の栽培・藍の染料の製造・榑板の製造。染料はティカチ(シャリンバイ)やムムガー(ヤマモモの皮)からも作られていた
自給用の畑ではイモを栽培していた
集落には染料を煮出した液を作る工場が2箇所あった

 なおWikipediaの「福地川」の項目でも集落について触れられている。

 


写真 対岸より集落方面を望む

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ