戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆福元(ふくもと)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「湯灣」(昭和28.12)を使用したものである

所在:大和村名音(なおん)
地形図:湯湾/湯湾
形態:山中に家屋が集まる
標高:約200m
訪問:2009年12月

 

 名音川・住用(すみよう)川上流の山中にある。現在は観光施設「奄美フォレストポリス」として整備され、散策やキャンプなどができるようになっている。
 名音の方の話では、かつては20軒くらいあったのではないかとのこと。名音・戸円(とえん)・大金久(おおがねく)などに転出か。古くから住居や田があったが、戦後の開拓時には、さらに大規模に田が作られたそう。水田は現在池になっている。
 フォレストポリス内に「田畑佐文仁隧道跡」があることや、。ウェブサイト「奄美方言 音声データベース」に「田畑佐文仁が湯湾岳の山中に田地を開墾…」という一節があり、氏によって開拓が行われたものと思われる(江戸時代中期)。

 


写真1 公園内にて

写真2 田の跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ