戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大浜(おおはま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「湯灣」(昭和28.12)を使用したものである

所在:奄美市住用町市(いち)字大浜
地形図:山間/湯湾
アクセント:オーハマ
形態:海沿いの斜面に家屋が少数集まる
標高:約50m
訪問:2009年12月

 

 旧住用村の南東部にある。
 市の方の話では、かつては森(もり)姓・前山(まえやま)姓の2軒。畑で芋などを作ったり、魚を釣ったりして自給自足で暮らしていた。無人になったのは終戦後ではないかとのこと。買い出しは市まで歩いて来ていた。
 現地までの山道は、狩猟などで入山する人がいるようでしっかりしている。ただし山に入ってすぐは切通しになっている部分が多く、積もった枝などで道が悪い。峠までは分岐が多いが、これを越えると集落跡までは一本道となる。現地では段々の農地跡が見られたほか、瀬戸物・壜が見られた。屋敷跡と思われる場所を1箇所(写真2)、何か手が加えられている平地を1箇所確認。なお家屋の跡より手前にある谷にも農地跡があり、道に壜や瀬戸物が落ちている。

 


写真1 農地跡

写真2 屋敷跡?

写真3 遺構

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ