戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆計良治(けらじ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「請島」(昭和28.12)を使用したものである

所在:瀬戸内町池地(いけじ)
地形図:与路/請島
アクセント:ラジ
形態:浜辺に家屋が少数集まる
標高:数m
訪問:2010年1月

 

 島の西部、計良治崎の南の浜辺にある。
 池地の方の話では、覚えているのは戦後すぐくらいに2軒。さらに前にはもう1軒あった可能性もある。炭焼きや田の小作農をしながら、畑(芋)を作り魚貝を獲って暮らしていた。姓は池田(いけだ)・川村(かわむら)。転出は昭和23〜25年くらいか。2軒とも転出先は池地だが、1軒は計良治の家を農作業の拠点にしていた。その後土地は地元の人に譲られ、しばらくは牛の放牧が行われていた。
 また別の方の話では、疎開先として簡素な小屋を建てて暮らしていたことがあるという。住居は浜から少し入った平地にあり、南端には田があった。
 現地へは池地より道がつながっているが、峠までは鋪装道路、峠から浜までも鋪装こそされていないが道幅が広い。かつては四輪車の往来があったことを窺わせる(ただし四輪車では途中から通行が困難)。平坦地は浜の近(写真2)くともう少し登った場所の2箇所があり、さきの疎開小屋があったは上部の平坦地。なお何のためは分からないが、浜までは電線が引かれている。
 平地の北端で、複雑な形をした立派なガジュマル(写真4)や、群棲する蝶(おそらく「リュウキュウアサギマダラ」)が見られたのが印象的。

 


写真1 浜

写真2 集落跡

写真3 平地

写真4 ガジュマル

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ