戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆犬城(いんじょう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「古田」(昭和21.11)を使用したものである

所在:中種子町増田
地形図:浜津脇/種子島中部
形態:谷沿いに家屋が散らばる
標高:約10〜20m
訪問:2011年12

 

 大字増田の北東部、西之表市との境界付近にある。古い地図では犬城川から馬立(またて)ノ岩窟(馬立の岩屋)付近まで、数本ある谷筋に家屋や水田が見られる。集落であったかどうかは不明。
 現在は家屋も残っていないが、谷筋には水田の跡がそれとなく確認できる。犬城川沿いの農地は現在も耕作されているものか(写真2)。
 岩屋の説明板では、修験道の犬神使いであった種子島幡時(たねがしま・はたとき)(第十代島主。岩屋を修行の場としていた)の逸話から地名が由来しているのではないかとしている。

 


写真1 犬城川河口

写真2 農地(跡?)

写真3 水田跡

写真4 浜のひとつ。左は馬立の岩屋

写真5 岩屋付近の神社(もとは岩屋に祀られていた)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ