戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆二股(ふたまた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「内之浦」(昭和29.9)を使用したものである

在:肝付町後田(うしろだ)
地形図:半ヶ石/大根占
形態:谷の合流部に家屋や施設が集まる
離村の背景:産業の衰退

標高:約380m
訪問:2011年12

 

 大字後田の南部、高山川上流部にある。
 現在は二股川キャンプ場が営業中だが、学校および宅地は分からず。甫与志(ほよし)林道に沿って小さな平坦地が所々見られるが、農地か建物の跡だろうか。なお神社(大山神)の入口には鹿屋営林署による「終山記念碑」(平成7年建立。写真3)があり、かつてここが林業集落であったことが窺える。以下はその碑文。

 昭和二十一年以来大隅半島の戦後復興と地域産業の発展に貢献した生産事業所は、鹿屋製品事業所を最後に有終の美を迎えたが直営生産の歴史と成果幾重にも頑張り合った汗と友情を忘れまい

 また永山・平川・福山・迫山・松元・岩切・新原・満留と7名の名が刻まれているが、かつての住民か事業所の関係者と思われる。

 


写真1 キャンプ場・入口

写真2 神社

写真3 終山記念碑

写真4 平坦地

写真5 平坦地

写真6 炭焼き窯跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ