戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆尾八重狩底(おはえ かりぞこ



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「椎葉村」(昭和29.9)を使用したものである

在:椎葉村下福良(しもふくら)
地形図:上椎葉
/椎葉村 不土野/椎葉村
形態:川沿いに家屋が集まる

標高:約480m(水面は約490m)
訪問:2013年8

 

 大字下福良の南西部、耳(みみ)川(椎葉渓谷)沿いにある。現在は上椎葉ダムの人造湖(日向椎葉湖)に水没。
 現地で集落の存在を示すものは特に見当たらず。
 村史によると、上椎葉ダムの完成
は昭和30年。なお地図画像に記されている学校は尾八重小学校。以下はその沿革。

 明治22.9  椎葉氏宅を仮校舎として授業開始
 明治23.7  桑弓野(くわゆみの)小学校の分教場となる
 明治24.8  独立。尾八重尋常小学校となる
 明治33.3  校舎新築移転
 明治42.10  校舎新築移転。学校創立記念日と定める
 昭和16.4  尾八重国民学校と改称
 昭和21.4(※)  尾八重小学校と改称
 昭和29.8  ダム建設のため現在地に移転

 昭和30.7

 旧校舎水没
 昭和62  (休校)
 昭和63.3  (閉校)

※ 原文ママ。学制改革が行われたのは昭和22年で、大いに疑問が持たれる

 


写真1 上椎葉ダム

写真2 集落付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ