戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆板谷(いたや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「尾鈴山」(昭和29.9)を使用したものである

在:木城町中之又(なかのまた)
地形図:尾鈴山
/尾鈴山
形態:川沿いに家屋が集まる

標高:約180〜250m
訪問:2013年8

 

 大字中之又の南部、板谷川沿いにある
 古い地図では板谷川と支流の今別府(いまびゅう)谷との合流部に家屋が集まり学校も置かれているが、現地でも石垣が築かれた段々の平坦地が残されている。このうちの1箇所が校舎だったのだろう。さらに地図画像の地名表記付近でも屋敷跡と農地跡が見られる(写真4・5)。
 町史によると、学校は大正15年9月に設立(石河内尋常小学校板谷分校)。変遷や閉校の記載はないが、廃校は戦前か。

 


写真1 板谷橋

写真2 石垣

写真3 平坦地のひとつ

写真4 屋敷跡

写真5 田の跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ