戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆昼ノ浦(ひるのうら/ヒンノウラ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「有川」(昭和21.11)および同「佐尾」(昭和21.10)を使用したものである

在:新上五島町桐古里郷(きりふるさとごう)字昼之浦・西昼之浦?
地形図:奈良尾/有川 佐尾/佐尾
形態:海沿いに家屋が散らばる
標高:数m〜約60m

訪問:2015年5

 

 桐古里郷の南部、若松瀬戸(=水道の名)に面する海沿いにある。奈良尾の中心部とは稜線を越えた反対側に位置する。範囲は南北に広く、その広がりはおよそ1kmに及ぶ。
 訪問は虎星(とらぼし)山登山口付近より。ここは奈良尾と昼ノ浦との中継点・尾ノ上峠とも重なり、往時は昼ノ浦の住民も往来していた重要な道であったと思われる。地形図に従い西側の斜面に分け入ると、間もなく集落へ降りる山道に当たる。北側から順に探索したが、最近の地形図に記されている建物はほぼ全てが跡地。唯一、佐尾(さお)簡易水道の施設(写真17)が設置されているのみ。なお墓地では、岩間・永・横山・下渕といった姓が見られた。
 地元で伺った話では、キリシタン集落で、教会もあったとのこと。半農半漁の生活をしていたが、後年は出稼ぎをする者もあったという。通学は南に隣接する佐尾であった。
 なお町誌には、桐古里郷の小字名として
「昼之浦」および「西昼之浦」が記されている。

 


写真1 北側の浜(以下概ね北から南へ)

写真2 屋敷跡

写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡

写真5 屋敷跡

写真6 屋敷跡

写真7 屋敷跡

写真8 屋敷跡

写真9 尾ノ上峠より西、鞍部付近の石垣

写真10 墓地にて

写真11 中央の浜

写真12 倒潰家屋

写真13

写真14 屋敷跡

写真15 橋と対岸の屋敷跡

写真16 屋敷跡

写真17 水道施設

写真18 屋敷跡

写真19 屋敷跡

写真20 屋敷跡

写真21 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ