戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆仏坊(ぶつぼう)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「武雄」(昭和21.4)を使用したものである

在:多久市北多久町多久原(きたたくまちたくばる)
地形図:小城/武雄
アクセント:ブボー
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約200〜280m

訪問:2014年11

 

 大字多久原の東部、今出川支流の申川内(さるがわうち)川上流にある
 最近の地図でも谷沿いに水田の記号が記されているが、これも既に耕作は行われていない。現在集落跡は荒地や植林地となっており、確認できた屋敷跡は1箇所。かつての住宅群より少し下流側に、別宅のような管理家屋が建てられている。
 地元の方の話では、5、60年前にはまだ1軒が残っていたという。離村時期は不明。

 


写真1 農地跡

写真2 開けた農地跡

写真3 道

写真4 屋敷跡

写真5 屋敷跡にて

写真6 集落内の道

写真7 何かの機械

写真8 水瓶

写真9 平坦地

写真10 石垣

写真11 水利設備(支流にて)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ