戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆辰巳谷(ぼろめき)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「背振山」(昭和21.10)を使用したものである

在:神埼市脊振町服巻(せふりまちはらまき)
地形図:中原/脊振山 広滝/脊振山
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約560m

訪問:2014年11

 

 大字服巻の東南部にある。東脊振村【現・吉野ヶ里町】との境界にほど近い。
 現地では屋敷跡1箇所と谷沿いの農地跡を確認したのみ。
東脊振側に突き出た尾根上や、588mの標高点のあるピークも訪れてみたが、特に何も見つからず。
 隣接する犬井谷集落で伺った話では、大正末期には3軒があったという。うち2軒は間もなく離村したが、1軒が残り10年ほど前までは暮らしていたのではないかとのこと。自給用の米作りや炭焼きが主な生業であった。谷沿いの農地は東脊振にも及んでいるが、これも集落の住民が耕作する田であった。地名の由来は不明。

 


写真1 屋敷跡の石垣

写真2 屋敷跡

写真3 農地跡

写真4 東脊振の農地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ