戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆柳(やなぎ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「濱崎」(昭和20.10)を使用したものである

在:唐津市七山池原(いけばる)
地形図:雷山/浜崎
アクセント:ヤナギ
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約460〜500m

訪問:2014年11

 

 大字池原の北西部にある
 付近の博多(はかた)集落で伺った話では、分かるもので6軒。水田の耕作や炭焼き、林業を生業としていた。博多集落とは峠を越え大字は異なるが、距離が近いため交流も多かったという。
 現地には天満宮(写真2)があり、これより下は現在も耕作が行われている農地。上は宅地が集まる。集落最上部の宅地には簡素な小屋と畑があり、現在でも時おり訪れる人があるよう。神社脇にある「柳の里」の碑(写真3)は昭和61年設置で「離郷二十年記念」とあるので、無住となったのは昭和41年頃と思われる。また施主全員が岩村家(5戸)であるが、全戸がこの姓であったか。

 


写真1 水田

写真2 天満宮。狛犬と拝殿

写真3 碑

写真4 農地跡

写真5 岩村家離郷の碑

写真6 屋敷跡にて

写真7 廃屋

写真8 管理家屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ