戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆関屋(せきや)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「濱崎」(昭和21.10)を使用したものである

在:佐賀市富士町関屋(ふじちょう―)
地形図:脊振山/脊振山 雷山/浜崎
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約360m(水面は約370m)

訪問:2014年11

 

 大字関屋の東部、嘉瀬(かせ)川右岸にある。現在は北山(ほくざん)ダムの人造湖(北山湖)に水没。大字関谷において水没したのは「関屋集落」のみで、大字内の居住地全域が水没しているわけではない。ここでは大字関屋の「関屋集落」について述べる。
 三瀬村誌の北山ダムの節によると、ダムは昭和25年12月着工、同32年3月竣工。水没世帯は28戸
。神社についての記載は見当たらない。
 訪問時は水位が低く、水田跡や宅地跡と見られる石垣を遠景で確認。付近では工事が行われていたため踏査はせず。

 


写真 集落遠景

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ