戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆東畑瀬(ひがしはたせ)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「濱崎」(昭和21.10)を使用したものである
※ 暗色部は大字畑瀬の畑瀬集落(西畑瀬)

在:佐賀市富士町関屋(ふじちょうせきや)
地形図:古湯/浜崎
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約260m(水面は約280m)

訪問:2014年11

 

 大字関屋の南西部、嘉瀬(かせ)川左岸にある。対岸の畑瀬(西畑瀬)とともに、現在は嘉瀬川ダムの人造湖(富士しゃくなげ湖)に水没。
 町史によると、北側の「コトウゲ」地区と南側の「ナカノ」地区に細分。農業が主な産業で、副業として養蚕や乳牛飼育も行われていた。ほとんどの家は大和町【現・佐賀市】東山田(ひがしやまだ)に移転したとのこと。集落内には寺院(宗源院)や天満宮、公民館等があったよう。
 なお西畑瀬は、付替道路沿いに開かれた造成地に一部の住民が移転し存続。寺院(東泉寺)もこの地に移されている。

 


写真1 嘉瀬川ダム

写真2 集落付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ