戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆丸淵(まるぶち?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「後藤寺」(昭和23.8)を使用したものである

在:添田町津野(つの)
地形図:伊良原
/田川
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設?
標高:約200m(水面は約200m)
訪問:2014年11

 

 大字津野の北部、今川沿いにある
 今川が油木(あぶらぎ)ダムの湖となる境目に位置し、水没を免れた土地も多い。
 左岸側では山林内に屋敷跡、道路沿いに墓地や公園が見られ、また右岸側でも県道沿いに墓地(最近の地形図でも記載)や石造物が見られた
。右岸側は植樹がされるなど整備されているが、僅かに屋敷跡の痕跡も認められる。
 なお「角川」によると、油木ダムは昭和40年着工、同46年9月竣工。

 


写真1 整地された平坦地(以下左岸)

写真2 屋敷跡への道

写真3 石塔群。右は猿田彦

写真4 車道沿いの墓地

写真5 農地跡?の平坦地

写真6 川岸遠景。中央やや左、杉の木立は屋敷跡付近(以下右岸)

写真7 写真6の杉

写真8 写真7付近にて。瓦など

写真9 墓地

写真10 左・大山祇大明神、右・猿田彦

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ