戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆榎谷(えのきたに)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「太宰府」(昭和22.1)を使用したものである

在:嘉麻市屏(へい)
地形図:大隈
/太宰府
形態:谷沿いに家屋が少数集まる?
標高:約300m
訪問:2014年11

 

 大字屏の西部にある
 大字千手(せんず)側より古屋敷を経由し、徒歩で訪問。ただし屏側、谷集落付近から車道が通じているようで、車輛での訪問も可能。現地では2箇所の屋敷跡が、やや離れた位置で見られた。また車道沿いには2基の猿田彦大神の碑(写真7)が置かれている。北側にある屋敷跡そばの小高い場所では、滝下家の墓地(写真12)を確認。

 


写真1 造林地の看板。「エノキタニ造林地」とある

写真2 屋敷跡。右下に入口

写真3 写真2脇にて。石塔?

写真4 写真2敷地内の一部

写真5 何かの跡(右手前に遺構)

写真6 集落内の道

写真7 路傍の猿田彦

写真8 溜め池

写真9 農地跡

写真10 屋敷跡の遺構

写真11 集落上部の農地跡

写真12 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ