戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆角枝(つのえだ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「甘木」(昭和23.6)を使用したものである

在:朝倉市矢野竹(やのたけ)
地形図:甘木
/甘木
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約140m(水面は約110m)
訪問:2014年11

 

 大字矢野竹の南部、小石原(こいしわら)川右岸にある
 現在は寺内(てらうち)ダムの湛水に伴い、一部が水没。水没を免れた土地の大部分は、公園「あまぎ水の文化村」の「水辺のふれあいゾーン」として活用され人々に親しまれている。園内には往時の集落ゆかりのものが集められた一角があり、ここでは狛犬や碑・何かを祀った堂宇などが見られる(写真3・4)。
 なおごく一部には往時の建物や小さな畑・墓があるが、訪れていた方の話では園内の土地の多くは水田であったとのこと。また県道より北側に残されている宅地跡には、2軒があったという。
 市史によると、寺内ダムは昭和52年3月完成。これに伴い角枝は
23戸(31世帯)が転出。ダムサイトの「望郷の碑」によると、その内訳は桑野17・月俣7・熊谷2・別府2・堀2・西村1。

 


写真1 寺内ダム

写真2 園内風景

写真3 「ふるさとの碑」と「角枝部落跡」(右)

写真4 石造物と堂宇

写真5 別府重志翁顕彰碑

写真6 園内風景

写真7 園内の墓(桑野家)


写真8 園内の
甘木小学校 夢・かがやきの森」にて


写真9 湖岸から堰堤方面を望む

写真10 墓と家屋

写真11 廃屋

写真12 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ