戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆稚児忘(ちごわすれ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「甘木」(昭和23.6)を使用したものである

在:朝倉市千手(せんず)
地形図:甘木
/甘木
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約200m
訪問:2014年11

 

 大字千手の北部、甘水川(小石原川支流)左岸沿いにある。
 地元の方および土地の所有者の話では、分かるもので桜場(さくらば)家が2軒(分家・本家の関係ではない)。水田を耕作する傍ら、山林の管理も行って暮らしていたという。離村は5、60年前で、離村まで電気はなかったという。また右岸の岩村神社(写真1。大字甘水の所属)は、特に集落の氏神ではないとのこと。
 現在下流側の屋敷跡付近は簡素な小屋が建ち、時おり所有者が
余暇を過ごしている。また上流側の屋敷跡は植林地で、シイタケの栽培が行われている。

 


(写真1 岩村神社)

写真2 農地跡

写真3 「秋月中学校学校林入口」

写真4 屋敷跡入口

写真5 屋敷跡

写真6 農地跡

写真7 墓地

写真8 猿田彦。「明和九年九月吉日」とある

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ