戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆沖ノ谷(おきのたに



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大栃」(昭和28.12)を使用したものである

所在:香美市物部町市宇(ものべちょういちう)
地形図:大栃/大栃
形態:山中に家屋が集まる
標高:約520?〜650m
訪問:2014年12月

 

 大字市宇の西部、物部川支流の沖の谷川沿い斜面にある。手持ちの古い地形図では「沖ノ平」だが、最近のものでは「沖ノ谷」となっており、表記はこれに倣った。
 地形図には記載されていないが、沖の谷川沿いには道がある。しかしこれも水道施設で途切れてしまい、集落方面に向かい斜面を登る。現地では2箇所ほどの屋敷跡とさほど広くはない農地跡を確認。物資運搬用の索道の跡も見られる。屋敷跡のうち1箇所には資材が置かれた小屋があり、現在でも度々人の往来があることを窺わせる。

 


写真1 国道の沖ノ谷バス停


写真2 沖の谷橋

写真3 索道支柱

写真4 廃屋

写真5 屋敷跡にて

写真6 農地跡

写真7 何かの建物跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ