戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小鶴津(こづるつ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「窪川」(昭和23.2)を使用したものである

所在:四万十町小鶴津
地形図:窪川/窪川
形態:海沿いに家屋が集まる
標高:数m
訪問:2016年1月

 

 町の南東部、土佐湾に面した海辺にある。
 平成20年代前半には2戸が居住していたようだが、訪問時は生活感のある家はなく常住世帯は皆無となったよう。管理された民家は3戸で、ほか廃屋が1戸。墓地は数箇所あり、嶋岡・鶴嶋・藤澤・山阪・沖野・岡田といった姓が見られた。集落南部には白皇神社(※1)があり、現在も管理されている。
 
「角川」によると、大字小鶴津は近世の高岡郡小弦津村(※2)。中世の文献にも地名が見られる。明治22年東又村(昭和30年より窪川町)の大字となる。寛保3(1743)年の郷村帳では7戸37人、享和元(1801)年の「西郷浦山分廻見日記」では6戸30人余、「南路志」では「小鶴村」と見え5戸21人、明治24年5戸28人。明治期の海産物として、海苔・テングサなどの海藻類やアワビがあった。
 また町史によると、古くは地蔵菩薩を納めた寺堂「養清庵」があったとのこと。

※1 名称は道路地図より
※2 原文ママ。隣接の大鶴津も「大弦津村」とあり、誤植ではないよう

 


写真1 集落風景


写真2 墓地


写真3 墓地


写真4 神社


写真5 大鶴津への道沿いにある小祠


写真6 海岸

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ