戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上杉(うえすぎ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「奈半利」(昭和28.10)を使用したものである

所在:北川村野川(のがわ)・柏木(かしわぎ)
地形図:奈半利/奈半利
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約300〜450m?
訪問:2012年12月

 

 大字野川の中部、奈半利(なはり)川とその支流の野川川に挟まれた山中にある。農地の多くは野川だが、一部は柏木に含まれているよう。
 集落は稜線付近の緩やかな斜面に位置し、段々の農地が広がる。現在は一部がユズ畑で、ほとんどは植林地。集落北東には地図上に神社が記されているが、ここでは2つの小祠が見られた(写真5・6)。また林道沿いには「〓渦文右衛門氏頌徳碑(※)」(大正3年建立。写真7)があり、「五社ヶ谷溝」の開鑿功労者とされている。
 野川川沿いの五人組(ごにんぐみ)より徒歩道が通じており距離も近いが、林道開通以前は関わりが多かったのだろうか。

※ 〓は「さんずいにうかんむり+眉+ハ」。浜(濱)の異体字

 


写真1 集落内の道


写真2 農地跡

写真3 ユズの木と小屋

写真4 塚状の石積み

写真5 小祠

写真6 同

写真7 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ